Characteristics of clinical departments and our hospital

栄養部

家庭料理を目標に、安全で心のこもった食事を

食事は人にとって欠かせないものであり、楽しみでもあります。病院においては食事療法として治療の役割も果たし、しっかり食べていただくことが重要になります。
自分たちで考え、調理した毎日の食事や、季節の食材を取り入れた行事食で患者さまが喜び、治療に貢献したことを実感できることは何よりの幸せです。
当院では、常に食する方への配慮を心がけ、毎日食べても飽きない家庭料理を目標に、安全で心のこもった食事提供を行っています。そのためにもスタッフ一同情報を共有し、新しいことを取り入れ、日々研鑽を重ねています。

業務の特徴・こだわり

疾患・形態別に作成された献立に沿いながら調理師が技術を生かした調理を行い、患者さまの元へ。
管理栄養士はその摂取状況を確認し、必要な栄養管理・指導を行います。
食事は安心して召し上がっていただくために、米は熊本産の“ひのひかり”、豚肉・鶏肉・多くの野菜は熊本産、牛肉は長崎産など、多くを国産の食品で占めています。