Characteristics of clinical departments and our hospital

広域医療連携室

地域と病院の架け橋に

広域医療連携室は、基本理念のもと、「地域と病院の架け橋」となれるよう、医療・生活・福祉等の相談に対応しています。
高度な医療・看護・リハビリテーションを提供できるよう、県内外の医療機関と円滑な連携を心がけ、安心して生活ができるよう支援しています。
何らかの障害や介護の必要性を残したまま退院となる方や、退院した後の生活に不安を抱える患者さまも少なくありません。そういった中で、地域との連携を大切にし、患者さまが安心してご自宅へ帰れるよう支援させていただいています。

  • 看護師 2名
  • 社会福祉士 2名

業務の特徴

地域の関係機関や院内多職種と連携を図り、患者さまが安心して退院することを責務と考え、多職種協働でチーム医療を実践しています。

前方支援

三次救急医療機関や地域のかかりつけ医等からの入院依頼の調整をおこなっています。
遠方の医療機関から脳血管内治療を受けられる方も多く、県内外の様々な医療機関と密な連携をとっています。

後方支援

多様な問題をかかえた患者さま・ご家族の相談に応じています。
各種社会保障制度の紹介や地域の関係機関との連携、院内多職種と連携をとり安心して退院できるよう支援しています。
救急告示病院であるため、急性期から回復期、維持期の幅広いフェーズで関わることができます。