地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。
ホーム > 杉村病院 > 頭痛外来

頭痛外来

頭痛外来のご案内

頭痛が生活に支障をきたしていませんか?頭痛をあきらめていませんか?

危険な頭痛を見逃さないために、頭痛専門外来を!!
これまでとは違う頭痛(頭痛の程度・性質・持続時間・随伴症状など)であれば、なるべく早く受診し、主治医と相談し自分の頭痛を知り、生活の質をあげるよう努力しましょう。頭痛でお悩みの方は我慢せずに、ぜひ一度ご相談ください。

頭痛には大きく二つに分類されます。

頭痛持ちの頭痛(慢性頭痛=一次性頭痛)

何となく原因がはっきりせず繰り返す頭痛~生命の危険は少ない

危険な頭痛(病気の症状として発生する二次性頭痛)

迅速に原因の疾患を診断し、治療を開始しなければならない

突然の頭痛
徐々に強くなる頭痛
持続する頭痛
危険な頭痛の可能性が?
月に2回以上頭痛がある方
月に15日以上鎮痛剤を服用している方
市販の薬が手放せない方
頭痛持ちの頭痛 ~ 生活に支障をきたす頭痛
(慢性頭痛)

次のような症状のある方は、ご相談ください。

  • 1.頭痛
  • 2.徐々に頭痛が強くなる
  • 3.市販の薬が手放せない
  • 4.頭を強く打った
  • 5.頭が重い感じがする
  • 6.めまい
  • 7.物忘れ
  • 8.首・肩・腰の痛み
  • 9.耳鳴り
  • 10.ふらつき
  • 11.まっすぐ歩けない
  • 12.ろれつがまわらない
  • 13.手足のしびれ・震え
  • 14.吐き気を感じることがある
  • 15.パーキンソン病

などなど

診察案内

午前9時より午後5時まで

当院では2013年5月より、最先端超伝導磁気共鳴診断装置3.0テスラMRIを本格稼働いたしました。MRIの導入により、脳神経・血管領域の本格診療はもちろん、2009年の心臓血管センター開設以来目標としてきました、頭部から下肢までの全身の血管病をトータルに対応する「全身血管病の診療」へ大きな一歩を踏み出すことができるものと確信いたしております。

脳神経外科 部長 丸林 徹

高機能MRI導入のメリット

  • 3.0テスラMRIはこれまでの1.5ステラに比べると磁気の強さが2倍になりますが、感度は4倍になります。その結果、これまでの装置では小さく分かりにくかった病変がより鮮明に描写され、病気の早期発見・早期治療に大きく寄与することになります。
  • 従来不得意であった呼吸器・心臓・消化器といった動きのある臓器への診断能力が向上しました。
  • 信号の検出能力が高く、より短い検査時間で高精細・高画質の画像を描出することができるようになりました。
  • 特に頭部領域、骨軟部領域の検査で威力を発揮します。頭部領域では1.5テスラでは検出できなかった小さな脳動脈瘤、脳内微細病変の検出が可能となります。


頭部画像

頭部画像

頭部血管画像

頭頸部血管画像