地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。
ホーム > 杉村病院 > 脳神経外来

脳神経外来

脳神経内科外科外来のご案内

「全身血管病のトータルケア」を目指します

杉村病院では、心臓・大血管だけでなく脳血管を中心にさらに末梢神経を含めた全身血管病に診療からリハビリテーションまでトータルに対応していきます。
平成31年4月より脳卒中・神経疾患の診療を充実してまいります。

脳血管疾患は発症すると寝たきりになる原因No1の疾患です。
発症した後の早期治療も大切ですが、それ以前にまず適切に予防することが大切です。

当院では脳卒中にかかわる専門医が診察し、外来でまず脳血管疾患のリスクを見極め、予防できるように心がけています。
今まで体片側のしびれ、手足が動かない、呂律が回らない、言葉が出ないなどの症状があった患者様やいわゆる生活習慣病をお持ちの患者様、ご家族に脳血管疾患があり、ご自身のことが気になる患者様などはCT、MRIや超音波検査などで検査していくことが可能です。
また、脳卒中を発症したことがある患者様は再発予防がとても重要であるため、ご加療されていない場合はご受診いただければと思います。

全身の血管はつながっており、脳血管も例外ではありません。当院の心臓血管センター/循環器内科と連携して検査・加療していくことも可能です。
全身血管疾患の一端として地域の皆様に少しでもお役立てできればと考えております。

当院は、熊本大学病院 脳神経内科の関連病院です。

脳卒中 24時間365日救急体制スタート

平成31年4月1日より杉村病院では、1本目の柱である心臓血管センターに続き、2本目の柱の脳卒中・神経疾患に対する診療を開始します。全身血管病に対して、急性期よりリハビリテーション、社会復帰に向けて対応いたします。

act-fast
ポイント(tPA静注治療)
可能なかぎり早く病院を受診しましょう。
なるべく早く診断をつけ、治療を開始することで後遺症が軽くなる可能性があります。
脳梗塞では、発症してから4.5時間以内(血栓溶解療法:tPA静注治療)、8時間以内(カテーテル血栓回収治療 現在24時間以内可能となるケースもあります。)の患者さんのみに行える可能性がある特殊な治療があります。

日常の些細な不安や症状のご相談もお気軽にご連絡ください


外来担当医師

脳神経内科

医師名 資格・認定
安東 由喜雄 前 熊本大学病院 脳神経内科主任教授
【専門分野】 神経内科全般、アミロイドーシス学、自律神経学、
検査医学、自律神経、神経変性疾患
毎月 第2金曜日 午後(非常勤)
日本内科学会 認定医
日本神経学会 専門医
日本神経学会 指導医
日本臨床検査医学会 専門医
杉村 勇輔 杉村病院脳神経内科医長
熊本大学病院 脳神経内科臨床教授
前 熊本大学病院 脳神経内科特任助教
【専門分野】 神経疾患全般、脳血管内治療、脳卒中
(常勤)
日本内科学会 認定医
日本神経学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
日本脳血管内治療学会 専門医
中根 俊成 熊本大学病院 脳神経内科特任教授
【専門分野】 神経免疫、神経感染症、パーキンソン病などの
不随意運動をきたす疾患、免疫性神経疾患、自律神経疾患
毎週 水曜日 午前・午後(非常勤)
日本内科学会 認定医
日本神経学会 専門医
日本神経学会 指導医
増田 曜章 熊本大学病院 脳神経内科助教
【専門分野】 神経疾患全般、自律神経疾患、末梢神経疾患
毎月 第2・第4土曜日 午前(非常勤)※神経伝導検査日
日本内科学会 認定医
日本神経学会 専門医
日本神経学会 指導医

脳神経外科

医師名 資格・認定
丸林 徹 杉村病院 杉村病院最高顧問
兼 脳神経外科部長
【専門分野】 脳神経外科一般
(常勤)
日本脳神経外科学会 専門医
人間ドック学会人間ドック専門医・指導医
村上 雅二 熊本託麻台リハビリテーション病院
副院長 脳神経外科
【専門分野】 脳神経外科一般、機能的脳神経外科
毎週 木曜日 午後(非常勤)
日本脳神経外科学会 専門医
日本頭痛学会 頭痛専門医
日本脳卒中学会 専門医

脳卒中とは

脳の血管が詰まったり、破れたりして、脳に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される病気です。

脳卒中は1951年から約30年にわたり国民死亡原因の第1位を占め、現在は第3位。
要介護者になる主な原因では第1位と、大きな割合を占めています。

参考:厚生労働省:平成29年度人口動態統計月報年計(概数)の概況
    厚生労働省:平成25年度国民生活基礎調査の概況」

脳卒中のさまざまなタイプ

原因によって、大きく3つに分類されます。

脳の血管が詰まったり、狭くなったりする

  • ラクナ梗塞(ごく細い動脈が詰まる)
  • アテローム血栓性梗塞(頸動脈や頭蓋内の大きな動脈が詰まる)
  • 心原性脳塞栓症(心臓にできた血栓が流れて脳の血管をふさぐ)

脳の中の細い血管が破れ出血する

脳の表面の大きな動脈にできたコブが破れ
くも膜下に出血する

脳卒中かも・・・!

このような症状が現われたら、一刻も早く、専門医を受診しましょう。

脳梗塞・脳出血の症状

  • 顔の半分、片方の手足のまひや動きが鈍くなったりしびれる
  • ろれつがまわらない。言葉が理解できない、言いたいことが言えない
  • 力が入らず足元がふらつく。立てない、歩けない
  • 片方の目が見えない、視野が半分になる。
    物が二重に見える
  • 前触れとして、脳梗塞とまったく同じ症状が短時間(通常5~15分、
    長くても24時間以内)だけ出現する一過性脳虚血発作
    (放っておくと、約2割の方は数年以内に脳梗塞を発症)

このような症状があるときには、色々な診療科が関係する事もありますが、まずは全身を見ることができる脳神経内科で、どこの病気であるかを見極めることが大切です。必要であれば他の科を紹介していきます。
(日本神経学会HPより引用)

くも膜下出血の症状

  • 今までに経験したことのない激しい頭痛
    意識もうろう、吐き気

脳卒中の症状は急に現れることが多く、発症後3~6時間以内に初期治療を受ければ、その後の悪化を防ぎ、後遺症が軽くなる可能性があります。

脳神経内科で治療する主な疾患

脳血管疾患(脳卒中)、頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)認知症、てんかん、パーキンソン病、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、髄膜炎・脳炎、末梢神経障害、重症筋無力症、多発性硬化症

脳卒中が起きやすい人

脳卒中は、高血圧や糖尿病など、いわゆる「生活習慣病」を持っている人に起こりやすいのです。

危険因子

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 肥満
  • 心房細動、不整脈
  • 喫煙や酒の飲みすぎ
  • 過剰なストレス
  • など

危険因子を減らし、生活習慣病を治療することで、脳卒中は予防可能です。
気になる症状など、お気軽に専門医にご相談ください。

また、一度全身の血管の状態を調べておきたいという方は、ご相談ください。
当院では心臓ドックや脳ドックなど専門のドックを行っております。
お気軽にお問合せください。