地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。

泌尿器科領域

泌尿器科領域

・ 膀胱炎などの尿路感染症 ・ 尿管結石症 ・ 前立腺肥大症
・ 神経因性膀胱(尿漏れ) など
  • 排尿時痛、残尿感、血尿などで発症する膀胱炎は、検尿・血液検査、腹部エコー検査で診断します。抗生物質の投薬や、点滴を行い尿量を増加させて治療しています。
  • 高熱や背部痛を伴う腎盂腎炎の場合は、入院して十分な輸液と抗生剤投与が必要になります。
    腎・尿管・膀胱に結石や腫瘍などの合併疾患があれば専門医にご紹介します。
  • 残尿感、夜間頻尿などの症状がある前立腺肥大症は、腹部エコー、腹部CT、残尿量の測定、血液検査(PSA値)を行い、前立腺がんの有無を調べた上で診断します。
    外来では主に内服薬による治療を行っています。
  • 神経因性膀胱は専門医の診断を受けた後、頻尿改善剤などで継続治療を行っています。
    尿管カテーテルが必要な方は外来で、定期的に交換しています。