地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。

整形外科領域

整形外科領域

・ 腰痛症 ・ 肩関節周囲炎 ・ 変形性関節症 ・ 関節リウマチ ・ 痛風
・ 頸椎症 ・ 外傷による骨折、脱臼、捻挫の初期治療 など

当院では火曜日と木曜日の午後2時から熊本大学整形外科医師が非常勤で診察を行っています。
初診の患者様の専門的な診断と治療、ならびに、総合診療科で治療中の整形外科疾患患者様に対して専門的治療の追加ができます。

  • 腰痛症は急性腰痛症(ぎっくり腰)と慢性腰痛症とでは対応が異なります。共にレントゲン検査、CT検査にて骨・関節の異常の有無を確認します。
    その後、急性期は安静、鎮痛剤、外用剤、除痛目的のリハビリテーションを行います。
    慢性期は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などの変性疾患が基礎にあるため、基礎疾患に対する治療を専門医とともに行いながら、リハビリテーションや症状に応じた除痛治療を行います。
  • 関節リウマチは、朝の手のこわばりや関節の痛み、腫れを主な症状とする女性に多い疾患です。
    血液検査で炎症反応やリウマチに特徴的な抗CCP抗体、リウマチ因子などを測定し、レントゲン検査を組み合わせて診断します。抗リウマチ薬、鎮痛剤、ステロイド剤などの内服薬で治療しています。
  • 痛風は、足指、足関節などが激痛を伴って腫れる疾患です。
    血液検査で尿酸値や炎症反応を調べます。
    急性期は鎮痛剤を投与し、除痛が得られた後、尿酸値を下げる治療を行います。
  • 外傷、骨折は初期治療を行っています。
    レントゲン、CT検査で確認し、創部の洗浄、縫合を行います。
    骨折があり、骨のずれが無い場合は、ギプス固定します。
    開放骨折や脊椎骨折、骨盤骨折などの重大な骨折は専門医にご紹介しています。