地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。

皮膚科領域

皮膚科領域

・ じんましん ・ アトピー性皮膚炎 ・ 真菌症(水虫、たむし、爪白癬)
・ 褥瘡 ・ 陥入爪 など
  • 急性の湿疹、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す湿疹について、原因となる物質や菌を検査します。血液検査によるアレルゲン(原因物質)の検索が有用です。
    診断後、外用剤と内服薬による治療、ならびにスキンケアなどの日常生活指導を行っています。
  • 手足、陰部などの真菌症については外用剤の治療を長期間行います。
  • 高齢者に多い爪白癬は内服薬による治療を行っています。
  • 陥入爪に対しては、抗菌剤による保存的な治療と小手術による根治術を行っています。
  • 褥瘡(床ずれ)は寝たきりなど介護を必要とする患者様によくみられる疾患です。
    除圧、洗浄、栄養改善に対するアドバイスを行うとともに、軟膏処置、ドレッシング剤を用いて治療しています。