地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。
ホーム > 杉村病院 > 内科・総合診療科外来

内科・総合診療科外来

総合診療科の御案内

総合診療科は、一般的に気分不良、むくみ、などの症状で、
どこの診療科を受診してよいかわからない場合の窓口となる診療科です。
詳細な問診や診察と様々な検査によって診断をつけ、治療を行います。
専門医による精密検査や治療が必要な場合は、必要な専門施設へご紹介いたします。

特徴

  • 当院の総合診療科は外科処置が可能な医師が担当しているため、かぜ、貧血、胃腸炎などの内科疾患だけでなく、けが、事故、打撲などの一般外科の検査と治療も行っています。
  • 他に、腰痛症、変形性膝関節症などの整形疾患、じんましん、褥瘡などの皮膚科疾患、花粉症などのアレルギー疾患など、ほぼ全ての領域において、かかりつけ医としての一般診療を提供しています。
  • 検診、人間ドックなど予防医療の充実も図っています。
  • さらに、認知症、脳梗塞後遺症などで介護が必要になった患者様の健康相談や支援も行っています。
  • どのような症状であっても、患者様の訴えを傾聴し、迅速、適切な医療を提供できるよう心がけています。

呼吸器疾患

・ 上気道炎 ・ インフルエンザ ・ 肺炎 ・ 気管支喘息
・ COPD(慢性肺気腫) など

  • 発熱、咳、呼吸困難などの症状がある場合、レントゲン検査、胸部CT検査、血液検査、肺機能検査、血中酸素濃度などを測定して診断します。
    感染症であれば内服薬、吸入、点滴などで治療します。
    重篤な肺炎など入院が必要な場合は、入院していただき、薬剤治療、酸素投与など集中的な管理と治療をします。
  • 喘息は、発作時には吸入や薬剤の点滴による治療を行い、日常の病状コントロールには吸入薬による治療を勧めています。
    当院では人工呼吸器による呼吸管理、気管切開による呼吸管理にも対応しています。COPDの患者様に対しては、在宅酸素療法も行っています。

消化器疾患

・ 感染性胃腸炎 ・ 逆流性食道炎 ・ 胃、十二指腸潰瘍 ・ 慢性肝炎 ・ 肝硬変
・ 膵炎 ・ 胆石胆のう炎 ・ 大腸憩室炎 ・ 虚血性腸炎 など

腹痛、食欲不振、全身倦怠感、体重減少、嘔吐下痢などの症状がある患者様に多い疾患です。
食道、胃、大腸などの消化管疾患には上部下部の内視鏡検査を行います。

  • 炎症や潰瘍性病変に対しては内服薬、注射薬による保存的治療を行います。
    ヘリコバクターピロリ菌の検査と除菌も行っています。
  • 重度の感染性胃腸炎や大腸憩室炎では、消化管の安静のため絶食が必要になるケースが多く、持続点滴をしながら入院して治療を行っています。
    消化管出血や、癌・ポリープなどの腫瘍性病変は専門的治療を要するため、関連専門病院をご紹介しています。
  • 肝臓、胆のう、膵臓などの消化器疾患には、超音波検査、造影CT検査、血液・尿検査により診断しています。
    急性肝炎、急性膵炎、胆のう炎の急性期は、専門的治療・手術などが必要になるため、診断の後、専門施設をご紹介いたします。
    症状が落ち着いてからの継続治療、および慢性肝炎、肝硬変、慢性胆のう炎、慢性膵炎などの慢性期治療は外来で定期検査と投薬を行い治療しています。
    肝硬変や慢性膵炎で一時的に症状が悪化した場合は入院治療を行います。
  • 消化器疾患は食事の消化吸収や排便管理が重要になるため、食事指導、生活習慣の指導を十分に行います。

循環器・代謝性疾患 

・ 高血圧症・不整脈・脂質異常症・糖尿病 

循環器、代謝性疾患の場合は当院に専門外来がありますので、これらの疾患が疑われる場合は、精密検査から治療、カテーテル手術まで対応しています。
症状や検査数値が安定した患者様は、総合外来でも投薬と定期検査を行っています。

内分泌・アレルギー疾患 

・ 甲状腺機能低下症 ・ 甲状腺機能亢進症 ・ 慢性腎障害(CKD)
・ 骨粗鬆症 ・ 鉄欠乏性貧血 など

体のむくみ、疲れやすい、体重の増加や減少がある、発汗、顔色不良などの症状がある患者様にみられる疾患です。
主に血液中のホルモン検査、尿検査、超音波検査、造影CT検査で診断します。

  • 甲状腺疾患は長期的な内服治療と、定期的なホルモン検査による投薬量の調整が必要になるため、外来でこまめな診察と検査を行っています。
  • 慢性腎障害では、血液検査、尿検査から障害の進行度を判定します。
    同時に、腎障害の原因について高血圧、糖尿病、慢性腎炎、痛風などの検査を行い、必要な場合は専門医をご紹介しています。
    慢性腎障害に対する日常的な食事療法、原因疾患の安定を図れるよう継続的な内服治療を行っています。
  • 骨粗鬆症については、骨塩量(骨密度)の測定を行っています。
    原因についてホルモン異常や薬物使用歴などを検索し、対策を行います。
    治療は、カルシウム製剤、ビタミンD製剤、骨代謝抑制剤ビスフォスフォネート製剤などの薬物治療、リハビリによる運動療法、食事指導を行っています。
  • 貧血の患者様は様々な原因があります。消化管や婦人科臓器からの出血、腎疾患、血液疾患、慢性炎症などの鑑別が必要です。
    精密検査の結果、鉄欠乏が原因の方は鉄剤の内服あるいは注射により治療しています。

脳神経疾患

・ 脳梗塞後遺症 ・ 認知症 ・ パーキンソン病 など
  • 突然の感覚障害、しびれ、麻痺などの症状から始まる脳血管障害は診察と頭部CT検査を行います。
    脳血管障害は発症から数時間以内で治療方法と予後が左右されるため、迅速に診断し、必要であれば専門病院にご紹介しています。当院で入院治療するケースも多くございます。
    初期治療が終了したら、継続的に当院でリハビリ、内服治療を行い、再発防止に努めています。
  • もの忘れ、盗られ妄想などから始まる認知症は、基本的に専門医による診断がついてから、当院外来で継続して内服薬による治療と在宅支援を行っています。
    初診で来られた場合は、診察、長谷川式スケール、頭部CT検査を行い診断します。
    認知症は脳梗塞後遺症が原因である場合は、精神症状を和らげる向精神薬の投与とともに、リハビリテーションによる作業療法、理学療法を行っています。
    アルツハイマー型認知症では、アリセプトなどの進行抑制薬とともに、妄想を抑える向精神薬を投与して治療しています。
  • 投薬のみでは不穏行動がコントロールできず在宅生活が困難な方には、当院関連の老人保健施設や介護付有料老人ホームへの入所、あるいは専門施設へのご紹介など、介護支援サービスを行っています。

一般外科疾患

・ 外傷(切創、擦窩創) ・ 熱傷・虫刺され ・ 動物咬創
・ 痔(内痔核、切れ痔) ・ 鼠径ヘルニア(脱腸) ・ 静脈瘤 など
  • 切創、擦窩創などの外傷は、骨や腱の損傷が無いか検査した上で、消毒、麻酔、洗浄を行って縫合処置や薬剤によるドレッシング処置を行います。
    抜糸までの1週間程度は感染を合併しないか通院治療をします。
  • 熱傷は受傷時に十分に流水で冷却と洗浄をすることが必要です。軽傷であっても来院前に15分程度、冷却してから来院されることをお勧めします。
    外来では再度、冷却、洗浄および軟膏処置とラッピングを行います。
  • 虫刺され、動物咬創も細菌が創の奥深くまで刺入しています。来院前に十分洗浄されることをお勧めします。
    外来では消毒と麻酔を行った後、創の状態によっては切開を加えて洗浄します。縫合処置はせず、細菌や膿が流出しやすい様な処置を行い、回復されるまで通院していただいています。
  • 排便時に真っ赤な出血や、肛門痛がある場合は痔の可能性があります。
    肛門鏡、直腸内診、大腸内視鏡検査などで検査します。軽傷の場合は軟膏処置および排便コントロールのための内服薬を投与しています。
    痔瘻などの難治性疾患は手術が必要になるため、専門医をご紹介しています。
  • 鼠径ヘルニア(脱腸)は足の付け根が丸く膨らむ状態です。筋肉の隙間から腸が脱出しています。
    根治的には手術が原則です。膨らみが痛みを伴って戻らなくなった場合は、陥頓(かんとん)と言い、腸が筋肉に締め付けられて血液が流れにくくなった状態です。放置すると腸が壊死してしまうため緊急手術が必要になります。
  • 静脈瘤は下肢、特に膝から下の血管が膨らんで浮き上がった状態です。静脈の内側にある逆流防止弁の働きがそこなわれたために起こります。
    治療は静脈瘤そのものを切除する方法と、血管を詰めてしまう方法、ストッキングなどで圧迫し保存的に経過をみる方法があります。
    診察後に必要な治療をお勧めしています。

眼科領域

・ 結膜炎 ・ 白内障 ・ 緑内障 ・ 眼精疲労 ・ ドライアイ など

眼科領域の疾患は専門性が高いため、当院では症状に対して初期対応を行います。

  • アレルギー性結膜炎や感染性結膜炎に対しては抗アレルギー剤や、抗菌剤の点眼による治療を行います。
  • ドライアイ、眼精疲労に対しては角膜を保護する点眼薬、ビタミン剤の点眼薬を処方しています。
  • 高齢の方に多くみられる、白内障、緑内障の慢性期に対して、当院でも点眼治療を行うことができます。

耳鼻科領域

・ 花粉症 ・ アレルギー性鼻炎 ・ 中耳炎 ・ 副鼻腔炎
・ メニエール症候群 ・ めまい症 など
  • 季節性にくしゃみ、鼻水を主症状とする花粉症やアレルギー性鼻炎に対して、抗アレルギー剤や点鼻薬による治療を行っています。
  • 耳痛、頭痛、難聴、発熱などの中耳炎や副鼻腔炎で専門医による手術を必要としない場合は、抗生剤や点耳薬による治療を行っています。
    めまい、耳鳴り、難聴などの症状は内耳、小脳に原因があることが多いため、頭部CT検査を行います。
    小脳腫瘍や神経の変性疾患など専門性の高い疾患が疑われる場合は速やかに専門医をご紹介しています。
  • メニエール症候群や良性頭位変換型めまい発作の場合は症状に応じた抗めまい薬などを投薬し、定期的に診察と検査を行います。

皮膚科領域

・ じんましん ・ アトピー性皮膚炎 ・ 真菌症(水虫、たむし、爪白癬)
・ 褥瘡 ・ 陥入爪 など
  • 急性の湿疹、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す湿疹について、原因となる物質や菌を検査します。血液検査によるアレルゲン(原因物質)の検索が有用です。
    診断後、外用剤と内服薬による治療、ならびにスキンケアなどの日常生活指導を行っています。
  • 手足、陰部などの真菌症については外用剤の治療を長期間行います。
  • 高齢者に多い爪白癬は内服薬による治療を行っています。
  • 陥入爪に対しては、抗菌剤による保存的な治療と小手術による根治術を行っています。
  • 褥瘡(床ずれ)は寝たきりなど介護を必要とする患者様によくみられる疾患です。
    除圧、洗浄、栄養改善に対するアドバイスを行うとともに、軟膏処置、ドレッシング剤を用いて治療しています。

整形外科領域

・ 腰痛症 ・ 肩関節周囲炎 ・ 変形性関節症 ・ 関節リウマチ ・ 痛風
・ 頸椎症 ・ 外傷による骨折、脱臼、捻挫の初期治療 など

当院では火曜日と木曜日の午後2時から熊本大学整形外科医師が非常勤で診察を行っています。
初診の患者様の専門的な診断と治療、ならびに、総合診療科で治療中の整形外科疾患患者様に対して専門的治療の追加ができます。

  • 腰痛症は急性腰痛症(ぎっくり腰)と慢性腰痛症とでは対応が異なります。共にレントゲン検査、CT検査にて骨・関節の異常の有無を確認します。
    その後、急性期は安静、鎮痛剤、外用剤、除痛目的のリハビリテーションを行います。
    慢性期は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、変形性脊椎症などの変性疾患が基礎にあるため、基礎疾患に対する治療を専門医とともに行いながら、リハビリテーションや症状に応じた除痛治療を行います。
  • 関節リウマチは、朝の手のこわばりや関節の痛み、腫れを主な症状とする女性に多い疾患です。
    血液検査で炎症反応やリウマチに特徴的な抗CCP抗体、リウマチ因子などを測定し、レントゲン検査を組み合わせて診断します。抗リウマチ薬、鎮痛剤、ステロイド剤などの内服薬で治療しています。
  • 痛風は、足指、足関節などが激痛を伴って腫れる疾患です。
    血液検査で尿酸値や炎症反応を調べます。
    急性期は鎮痛剤を投与し、除痛が得られた後、尿酸値を下げる治療を行います。
  • 外傷、骨折は初期治療を行っています。
    レントゲン、CT検査で確認し、創部の洗浄、縫合を行います。
    骨折があり、骨のずれが無い場合は、ギプス固定します。
    開放骨折や脊椎骨折、骨盤骨折などの重大な骨折は専門医にご紹介しています。

精神科領域

・ 不眠症 ・ 神経症 ・ パニック障害 など

精神科領域は、専門性が高く診断に時間を要するため、初診時には症状をよくうかがった後、精神科あるいは心療内科をご紹介しています。
軽度の不眠症であっても初診時から睡眠薬を処方することはできるだけ避けています。
専門的診断がついた後の、定期的な投薬治療と、症状の変動に対する投薬量の調節を総合診療科で行うようにしています。
当院では認知症、老年期うつなど精神疾患を持つ患者様の健康管理に携わっていることから、抗うつ剤、パニック障害治療剤、睡眠導入剤など多種類の向精神薬があり、専門医と連携をとりながらこれらの薬剤を投薬しています。

泌尿器科領域

・ 膀胱炎などの尿路感染症 ・ 尿管結石症 ・ 前立腺肥大症
・ 神経因性膀胱(尿漏れ) など
  • 排尿時痛、残尿感、血尿などで発症する膀胱炎は、検尿・血液検査、腹部エコー検査で診断します。抗生物質の投薬や、点滴を行い尿量を増加させて治療しています。
  • 高熱や背部痛を伴う腎盂腎炎の場合は、入院して十分な輸液と抗生剤投与が必要になります。
    腎・尿管・膀胱に結石や腫瘍などの合併疾患があれば専門医にご紹介します。
  • 残尿感、夜間頻尿などの症状がある前立腺肥大症は、腹部エコー、腹部CT、残尿量の測定、血液検査(PSA値)を行い、前立腺がんの有無を調べた上で診断します。
    外来では主に内服薬による治療を行っています。
  • 神経因性膀胱は専門医の診断を受けた後、頻尿改善剤などで継続治療を行っています。
    尿管カテーテルが必要な方は外来で、定期的に交換しています。

癌の診断と治療、緩和医療

・ 頭頚部癌 ・ 肺がん ・ 食道がん ・ 胃がん ・ 大腸がん ・ 肝臓がん
・ 膵癌 ・ 胆のう癌 ・ 腎がん ・ 乳がん ・ 前立腺癌 など

総合診療科では癌の早期発見、ならびに癌治療中の患者様の健康管理・疼痛の緩和治療を行っています。

  • 癌診療では、検診・人間ドックで指摘された臓器や、何らかの症状・生活習慣から癌が疑われる場合に精密検査を行います。
    腫瘍マーカーなどの血液・尿検査、全身各臓器の造影CT検査、頚部・心臓・甲状腺・乳腺・腹部のエコー検査、上部・下部の内視鏡検査、組織検査、細胞診により診断しています。
    患者様の不安を軽減できるよう、迅速に検査を行って診断し、治療については速やかに関連専門医をご紹介しています。
  • 専門施設で癌に対し手術などの治療が行われ、退院後も抗癌剤による化学療法、放射線療法が追加されている時、患者様は倦怠感や食欲不振といった闘病に関わる健康不安を抱えていることが多いものです。
    急性期の総合病院にかかれず困っていらっしゃる場合は、癌治療の担当医と連絡を取りながら、当院で点滴などの治療、栄養剤の投与、抗不安剤や鎮痛剤の投与を追加しています。
    また、手術の後遺症で生活活動が低下した患者様には、リハビリテーションを行い筋力増強や関節可動域の改善を図っています。
  • 転移・再発した進行癌で癌に対する治療ができなくなった患者様に対しては、病状に由来する痛みや不安を取り除き、できるだけ充実した生活が送られるよう、緩和医療にも取り組んでいます。
    痛みに対する鎮痛剤、不安焦燥に対する抗不安剤、睡眠剤、倦怠感や食欲不振にステロイド剤などを関連専門医師と連絡を取りながら投与しています。
    院内NST(栄養サポートチーム)活動により、食べやすい食事メニューの提案や栄養投与経路の工夫なども行っています。
    在宅の患者様には、生活活動の低下に合わせて介護支援ができるよう、相談にのっています。
    病状が進行し入院が必要になった場合は、ご本人・ご家族とよく話し合い、個人の自然を尊重した形で入院治療から看取りまで行います。

検診・人間ドック

地域の健康管理の為に一般検診の特定健診・職場出張検診・人電ドックなどの検診も行っています。

問診、生活習慣調査、身体計測、視力・聴力検査、肺機能、心電図、血液検査、尿検査、眼底検査、レントゲン検査、腹部エコー検査、心臓エコー検査、上部消化管透視、内視鏡検査、CT検査などを行っています。

検査項目と内容についてはメニューがございます。
ご希望により脳ドックや心臓CTなども選択できますのでご相談ください。

在宅支援・介護支援

総合診療科では、介護を受けながら在宅生活をされている方、老人健康保健施設・グループホームなどに入所されている方の健康管理を行っています。
介護が必要な患者様は、高血圧・糖尿病・変形性関節症・認知症・癌などの多様な慢性疾患をお持ちです。そのため、日常的な健康状態の確認、服薬管理、栄養管理、生活活動の維持が必要になります。
当院では介護にあたられているご家族や施設の看護師、ケアマネージャーとこまめに連携をとり、患者様の健康状態を把握するようにしています。

筋力の増強維持、歩行や生活動作のためのリハビリが在宅生活では非常に重要なため、在宅で訪問リハビリも行っています。

口から食事が摂れない患者様のために、胃瘻の造設・管理や交換も行っています。

また、自宅や施設で急病になり入院が必要になった場合は、速やかに入院治療ができるよう介護のバックアップ体制を整えています。