地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。
ホーム > 杉村病院 > 心臓血管センター > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

  • 尻もちなどをついて、急に腰や背中が痛くなった
  • 足をひねるなどして膝が痛い
  • 肺炎などを起こして寝ている時間が多い

こんな方は・・・
発症後早期より充分なリスク管理のもとでの集中的なリハビリテーション(身体機能訓練・動作訓練)を行うことで、寝たきり防止や日常生活がスムーズにできるようになり早期の社会復帰が可能です。

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの急性期治療終了後の患者様に対して、日常生活動作(ADL)向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、リハビリスタツフ等が共同して作成し、これに基づくリハビリを集中的に行う為の病棟です。

回復期リハビリ病棟の対象となる患者 入院までの日数
2ヶ月以内
入院期間の上限
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態
2ヶ月以内
150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度頚髄損傷、頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後
2ヶ月以内
180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折、2  肢以上の多発骨折の発症又は手術後
2ヶ月以内
90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後
2ヶ月以内
90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後
1ヶ月以内
60日

当院の回復期リハビリテーション病棟の特徴

当院の心臓血管治療部との連携

  • 状態悪化時の早期対応が可能
  • 亜急性期の状態でも受け入れが可能
  • 適切な全身管理によリ、合併症の2次予防をより充実できる

◆ 合併症のある患者様も安心してリハビリが受けられます



熟練したスタッフの充実

理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、看護師など熟練した専門スタッフが入院時よりきめ細かくお手伝いし、早期の社会復帰を目指します。

スタッフー体でADL(日常生活動作)の向上を支援していきます


快適に過ごせる病棟

病室は個室・2人部屋・3人部屋の3タイプをご用意しております。
個室にはトイレ、洗面所を完備。

回復期リハビリ病棟の1日の流れ

生活リハビリを中心に、楽しみながらの365日リハビリ

リハビリの時間にリハビリを行うだけではなく、毎日の入院生活の中にリハビリを取り入れ機能回復を目指します。食事、排泄、身だしなみ、移動などの基本動作が少しでも自立できるよう援助いたします。

6:00
起床・洗面・排泄援助
7:40
朝食・歯みがき・排泄援助
9:00
検温・更衣・リハビリ・入浴・回診
11:00
体操(口腔・全身運動)
11:40
昼食・歯みがき・排泄援助
13:30
リハビリ・入浴・排泄援助
14:00
検温・回診・レクリエーション
16:00
更衣・排泄援助
17:40
夕食・歯みがき・排泄援助
20:00
排泄援助
21:00
消灯

フロアガイド 5F


ご入院からご退院まで