地域の皆さまに満足と安心のための医療をご提供します。

基本理念

基本理念

地域の人々の健康を守り 地域の人々から愛され 社会に貢献できる病院を目指します

基本方針

  1. 心のこもった適正な医療サービスを提供します。
  2. 充分な説明をし 同意を得るための努力を惜しみません。
  3. 患者さまのプライバシーを守り 個人の尊厳が保たれるように努力します。
  4. 患者さまを看させて戴く事に感謝の心を忘れません。
  5. 高齢者のさまざまなニーズに細やかに対応します。

臨床倫理

すべての職員が患者さまの権利を尊重し、臨床における様々な問題に対応し、患者さまにとって最も望ましい医療を適切かつ十分に提供すること目的として、臨床倫理に関する方針を定める。

  1. 十分な説明と患者さまの意向を十分聞いたうえで自己決定権を尊重し、患者さまと医療従事者が協力して公正かつ公平な医療を提供します。
  2. 医学的適応を十分検討して、患者さまにとってのQOL(人生の質、生活の質)を考慮した最善の医療を提供します。
  3. 患者さまの社会的背景や個別的で多様な価値観に配慮し、基本的人権を守りながら適切な医療を提供します。

職業倫理

職員が病院理念と基本方針に基づき、意欲と誇りを持ってその使命を果たすことを目的として、
職業倫理に関する方針を定める。
  1. 全ての人に対して、尊厳と権利を尊重し、おもいやりの心で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼を得るよう心がけます。
  2. 医療サービスの質の向上を図るため、常に技術や知識の習得に努めます。
  3. 多職種間の相互理解と協力により、良質なチーム医療を実践し、患者さまに公正な医療を提供します。
  4. 常に医療専門職としての社会的使命と職務の責任を自覚し、法規範を遵守するとともに医療人としての人格を高めることにより、全人的医療を目指します。
  5. 病院医療に関わるあらゆる安全管理に、最大の努力を払います。
  6. 患者さまのプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。
  7. 医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法律あるいは経済的、社会的制御といった多面的な検討に努めます。

患者憲章

  1. 何人も適切で平等な医療を受ける権限を有する。
  2. 医師や病院あるいは保健サービス施設を選択し変更する権限を有する。
  3. 医療のどの段階においても別の医師の意見を求める権利を有する。
  4. 自己決定権、すなわち自分自身について自由に決定を下す権利を有する。 その際、その決定によりどんな結果がもたらされるかについて医師により情報を得ることができる。
  5. 自分の診療録(カルテ)に記載された自分自身に関する情報の開示を求め、自己の健康状態(自己の病状についての医学所見を含む) について十分な情報を得る権利を有する。
  6. 意識がない、又は自己の意志を表現できない状況になった場合、インフォームドコンセントは法律上の権限を有する代理人(法定代理人)になされるべきである。