部門のご案内

外来診療部

外来診療部

外来は、様々な疾病に罹患している方が病院を受診し最初に関わる部署です。 多くの患者様は症状が出現してから受診されるため、私たち外来看護師の患者様への対応は初期診療における大切な要素の1つであり、 “病院の顔”と言えます。患者様との出会いは一期一会。笑顔を絶やさず頑張っています!
H27、4月より健康管理部に保健師も入り、人間ドックにも力を入れています。

診療科/循環器内科、内科、代謝内科、総合診療科、消化器内科、外科、
整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科

  • 業務内容/救急外来、上部消化器内視鏡、CT検査、MRI検査、血液学検査、生理検査、健診、人間ドック(基本ドック、心臓ドック、脳ドック)

3病棟 2階(一般)

患者様のQOLを大切にした看護。
3病棟 2階(一般)

内科、整形外科などを中心に急性期~慢性期まで様々な疾患の方が入院されている一般病棟です。
多くは高齢者の方ですが、患者様のQOLを大切にした看護がモットーです。

  • 主疾患/呼吸器疾患、慢性心疾患、大腿骨頸部骨折など整形外科疾患
  • 病床数/23床

3病棟 3階(心臓血管センター)

外来から予約してPCIを行う患者様や他病院からの紹介で入院される患者様、 回復期リハビリテーション病棟へ転院される患者様などを受け入れる循環器の一般病棟です。全国各地より患者様を受け入れています。

  • 主疾患/心筋梗塞、心不全、カテーテル治療
  • 病床数/23T25:48床

HCU

HCU
HCU
発症から社会復帰まで一貫した治療を行います。

24時間循環器疾患の受け入れ
【HCU】
心筋梗塞をはじめ、心不全、不整脈、呼吸不全、狭心症などの疾患や救急搬送された患者様の高度治療を行います。
治療が終了するとPTと協力して心臓リハビリを開始し、発症から社会復帰まで一貫した治療のお手伝いをします。

  • 病床数/8床

東病棟

患者様のペースに合わせた介助を。
東病棟

患者様が、幸せと思っていただける時間がたくさんありますように、病状が安定しつつもまだ医学管理下での介護が必要という方を対象に、 食事や排泄など日常生活の介護だけでなく、医療的なケア・リハビリテーションのサービスを提供する病棟です。
病棟に1名担当ケアマネージャーが配属され、利用者様のご希望に沿ったケアプランを作成し、落ち着いた療養生活が送れるように支援させていただいています。

  • 主疾患/脳血管障害、廃用症候群
  • 病床数/26床

4F 混合病棟

自宅・施設への退院までの援助を行う病棟です。

平成27年8月より新たに始まりました混合病棟です。包括ケア病床10床、医療療養18床の合わせて28床の病棟です。包括ケア病床は急性期治療後の患者様を中心に入院期間が 最長2か月、在宅復帰率70%以上を目標に自宅や施設への退院のお手伝いをしています。
医療療養病床は吸引等が必要な長期療養の患者様のお世話をしています。二つの特性を持つ病棟ですが臨機応変に対応し看護を行っています。一緒に働きましょう。

  • 主疾患/全ての疾患に対応
  • 病床数/28床

5病棟(回復期リハビリテーション)

5病棟(回復期リハビリテーション)

回復期リハビリテーション病棟として、平成23年12月1日に開設した病棟です。
急性期を脱した骨折術後や脳血管疾患など、対象となる疾患の患者様に対し、リハビリを集中的に行い、 日常生活能力の向上と家庭復帰を目標に他職種が共同で関わり、入棟から退院までの支援を行っています。

  • 主疾患/脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などの術後廃用症候群など
  • 病床数/39床

6病棟

6病棟

6病棟は指定された疾患や症状に対し看護・介護が必要な、医療度の高い長期療養の患者様が入院されている医療療養型病棟です。
症状では、頻回に吸引が必要な方や酸素療法を行っている方など、呼吸器疾患の患者様や精神的ストレスを持った方、 頻回に血糖チェックを行っている方など多種多様なため、患者様に適した看護、介護を提供し、患者様・御家族から信頼される病棟を目指し日々努めています。

  • 主疾患/呼吸器疾患、パーキンソン病や神経症など
  • 病床数/28床

このページのトップへ

杉村病院 看護部 〒860-0811 熊本市中央区本荘3丁目7-18

Copyright© 2012 杉村病院看護部 All rights reserved.